妊娠中に口にする物は徹底的に成分に気をつけました

妊娠中、何と言っても1番気をつけたのは食べ物、飲み物、お薬などなど・・・口から摂取する物の成分です。
アルコールなどはもちろん胎児に影響があるので一切禁止。うっかり口にしてしまいそうでしたが、お菓子などでアルコールが含まれている物(ブランデー使用のケーキやチョコレート)も購入する前や食べる前に必ず成分をチェックしました。タバコはもともと吸わないのですが、普段以上に副流煙には気を使い、どこか出かける時には必ず禁煙席を選んだり、禁煙のお店を選びました。

アルコールに次いで何気なく口にしてしまいそうで気をつけたのが、カフェインです。コーヒーはもちろん、大好きな紅茶や緑地、烏龍茶にも含まれています。カフェインレスのお茶を何種類も探し、どうにか乗り切りました。どうしてもコーヒーの味が恋しくなった時には、カフェインレスの タンポポコーヒーなるもので紛らわしたりしました。コーヒーっぽいので何とか我慢!

危険度が高い物では、うっかり服用が怖いお薬関連です。偏頭痛持ちなので、数ヶ月に一度は鎮痛剤のお世話になっていたのですが、お薬は絶対にNG!鎮痛剤を服用しないで痛みを緩和する方法を調べに調べて色々試したものです。風邪などの場合もお薬は使えないので、ハチミツ大根や生姜湯などの民間療法にお世話になりました。ここにきて、おばあちゃんの知恵袋的知識をフル活用(笑)

大好きなマグロは水銀の含有量が多いので、これも妊婦さんにはNG!ついでに生ものも食中毒の危険があるとのことでNG!泣く泣く大好きなお刺身やお寿司は封印でした。夢にまで出てきましたが、我慢しました。

色々と制約が多い妊娠期間ですが、一生のうちに何度もあるワケではありません。赤ちゃんの為、妊娠生活を楽しみながら何とか乗り切りました。良く頑張ったなあ~と今でも自分を褒めてあげたいです。

妊活という言葉がメジャーになってきた

最近は妊活という言葉がメジャーになってきて、芸能人でも妊活のため休業する、という人も出てきたりと、とっても良い傾向だなと思います。
世の中には苦労なく妊娠できてどんどん産む人もいれば、なかなか授からずに悩んでいる・・・という人もいますよね。

私も今妊活中なのですがなかなか結果が出ずにいるので、妊娠することは簡単じゃないんだ、ということをもっとたくさんの人に知ってもらう為にも、妊活という言葉が世の中に広まっていくのはとっても良いことだと思っています。

最近は女性が社会進出するようになってきて、結婚年齢もどんどん昔より上がってきていますから、自然に出産年齢も上がってくるということになりますよね。
でも、よく知られていることですが、年齢があがるほど妊娠しづらくなります(これは私が本当に実感しています。年齢が上がると本当に、なかなか妊娠できません・・・)。

女性にはリミットがあるので、出来るだけ早い年齢で妊活について意識をし、自分の体を整えて妊娠しやすい状態にしておくということはとっても大事なんじゃないかなと思います。

おすすめ⇒ピニトールサプリのベジママ